ギャンブルが原因で借金した場合、自己破産では免責許可がおりません。

任意整理は債権者との私的な交渉で和解を目指す手続きですから、交渉次第では和解することができます。そもそも借金の理由を債権者に話すことも少ないです。

ギャンブルが原因で借金が膨れてしまった場合は、まずは任意整理の相談をしてみてください。

>>法律事務所に任意整理の相談をする

自己破産には免責不許可事由がある

パチンコや競馬・競輪などを理由に作った借金は「免責不許可事由」に該当しますから、自己破産できない可能性があります。

免責不許可事由は破産法252条によって定められています。

(免責許可の決定の要件等)
第二百五十二条
四  浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

賭博とはギャンブルの事です。宝くじ、株式・FX、高級車やブランド品に浪費した場合も免責不許可事由となっています。

ただし、免責不許可事由があっても裁判官の裁量によって免責される可能性はあります。

関連
FX・株の借金は自己破産などの債務整理で解決できます
『浪費だと免責にならない』は嘘?免責不許可事由があっても債務整理できる理由とは

任意整理ならギャンブルで作った借金でも減額できる

任意整理は裁判所を通さずに、債権者(銀行や消費者金融)と弁護士が交渉することで和解を目指します。

銀行や消費者金融の担当者にとって大事なのは、借金した理由よりも『いつまでにどれくらい返済可能か』です。

この交渉で借金した理由が大きな話題となることは少ないです。わざわざ「借金してパチンコと競馬を頑張ってましたが、なかなか勝てませんでした」なんて債権者に話す必要はないですよね。

金融業者からお金を借りた場合であれば、和解交渉がまとまる可能性が高いです。

いくらまでなら整理可能?

任意整理は、和解した金額を3年間36回で支払うのが原則です。

毎月3万円を支払える収入があるなら108万円まで、毎月5万円を支払えるなら180万円までは任意整理が可能です。

なお、任意整理は元金そのものが減る手続きではありません。将来利息を免除することで、支払い総額を大きく減らす手続きです。

関連:任意整理で利息や遅延損害金をカットすれば返済が一気に楽になる

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る