個人再生にかかる費用は40万円~60万円となるケースが多いです。

住宅ローン特則を使うかどうか5万円~10万円ほど変わりますし、弁護士事務所や裁判所によっても差がでます。

当サイトで紹介している弁護士事務所は分割払い可・後払い可です。弁護士側もあなたが借金の返済で困っていることは分かっていますから、借金を減らした上で無理のない返済プランを考えてくれます。

>>借金整理の無料相談をする

個人再生申し立てにかかる費用

個人再生は地方裁判所で行われますが、金額は各裁判所によって異なります。目安は下記のようになります。

申し立て手数料 10,000円
控訴提起時に必要な郵便料(予納郵券) 2,000円
官報広告費用 12,000円
個人再生委員の報酬 15~30万円

個人再生委員が選任される

個人再生委員とは、複雑な個人再生手続きをサポートする人です。

原則として、個人が手続きを行う場合は個人再生委員が選任されます。弁護士が代理人となって申し立てを行った場合は再生委員が付きません。

個人再生委員が選ばれた場合は、申し立ての費用と別に再生委員の報酬(予納金)が発生します。再生委員に支払う報酬も裁判所ごとに異なり15万円~30万円程度となっています。(東京地裁は15万円、札幌地裁は30万円です)

弁護士への報酬はいくら?

40万円~60万円程度が相場です。

任意整理の費用は、債権者が増えれば増えるほど高くなりますが、裁判所を通して行う個人再生は債権者数が増えても、費用がそんなに高くなることはありません。

住宅ローン特則を利用するかしないかで5万円~10万円ほどかわります。住宅ローン特則を利用する場合は、個人再生の手続き前に住宅ローン債権者である銀行などと、今後の支払いスケジュールについて相談しなければならないからです。

全国対応の弁護士法人サルート法律事務所は『住宅ローン特則なし:50万円~』『住宅ローン特則あり:60万円~』としています。

弁護士への報酬はいつ支払う?

借金で生活苦に陥り個人再生を検討している人が50万円もの金額を簡単に支払えることはないと思います。

弁護士費用を用意するために、新たにキャッシングをしたら再生計画が認可されなかったり、詐欺罪になる可能性すらあります。(詳しくは「返済見込みなしに借金をすると、債権者から詐欺で訴えられる可能性がある」をご覧ください。)

弁護士側もそれが分かっていますから、多くの弁護士事務所は分割払いや後払いを用意しています。

債務整理の匿名相談なら『街角法律相談所』

街角法律相談所

街角法律相談所は、「今ある借金がいくら減るのか?」を債務整理に強い弁護士や司法書士に無料で診断してもらえるサービスです。

  • 匿名で診断可、住所も必要なし
  • サイト内での相談は完全無料
  • 借金の減額シミュレーターで、いくら減るのかが診断できます
  • いきなり法律事務所に電話するのが怖いかたはこちらからどうぞ

>>街角法律相談所 公式サイトへ

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日受付

>>東京ロータス事務所 公式サイトへ

粘り強い交渉の『サルート法律事務所』

サルート

弁護士法人サルート法律事務所は、債務整理に強みをもっている法律事務所です。

キャリアのあるベテラン弁護士が最善な解決方法を提案し、粘り強い交渉で有利な条件の和解をしてくれます。

  • 即日対応、借金の取り立てがすぐに止まります
  • あなたに最適な債務整理方法を提案します
  • 秘密厳守、家族に内緒にしたままの債務整理が可能です
  • 債務整理の初期費用や相談は無料、弁護士費用の分割払いも可能です
  • 24時間365日受付

>>弁護士法人サルート 公式サイトへ