クレジットカードや消費者金融からの借り入れで生活苦に陥っても、債務整理をすることで生活を再建できます。

しかし『債務整理したいけど弁護士費用を払えない』という問題があります。お金がなくて借金苦で悩んでいるのですから、弁護士事務所に相談したくても、費用が気になって一歩踏み出せないという方はとても多いです。

結論から言うと、今手元にお金がなくても債務整理の手続きを行うことはできます。弁護士だって、お金がなくて債務整理を検討しているあなたが簡単に弁護士費用を払えるなんて思っていません。

債務整理できた人はほぼ全員が弁護士費用を払えています。きちんと払える仕組みがあるからです。

自分にあった債務整理はなにか、弁護士費用をがいくらかかるかを無料診断する

債務整理した人が弁護士費用を払える理由

借金苦でお金なんてないはずなのに高額な弁護士費用を払えるのは何故でしょう?主な理由が以下の3つです。

  1. 弁護士に依頼すると返済義務が一時的にストップする
  2. 弁護士費用は分割払いが可能
  3. 法テラスが弁護士費用を立て替えてくれる制度がある
  4. 生活福祉資金貸付制度を利用する

1.弁護士に依頼すると返済義務が一時的にストップする

弁護士に債務整理の依頼をすると、返済義務が一時的にストップします。毎月返済に使っている分でお金を貯めることができます。

2.分割払いの弁護士事務所に依頼すればよい

現在手元にお金がなくても、分割払いに対応している弁護士に依頼すれば問題ありません。債務整理を依頼する人がお金に困っていることなんて弁護士も分かっていますから、報酬の分割払いで対応してくれます。

債務整理の手続きを進めながら弁護士費用を払っていけます。

どの弁護士も分割払いに対応しているわけではありませんが、債務整理に強みを持っている弁護士事務所は分割払いに対応していることが多いです。

当サイトで紹介している弁護士事務所は初期費用0円・分割払い対応です。

注意:弁護士費用を延滞すると辞任される

債務整理の弁護士費用は分割払いが可能ですが、弁護士費用の支払いが滞ると、債務整理の手続き中でも弁護士が辞任します。

依頼した弁護士に辞任された場合、別の弁護士に新しく依頼しなければいけません。

3.法テラスの代理扶助制度を利用して、弁護士費用を立て替えてもらう

一定の月収以下の人は、弁護士費用を法テラスが立て替えてくれる制度(代理扶助制度)があります。立て替えてもらった費用は、後で法テラスに返済していくことになります。

一定の月収とは、下記のような基準です。

  • 単身:18万2,000円
  • 2人家族:25万1,000円
  • 3人家族:27万2,000円
  • 4人家族:29万9,000円

東京23区や横浜市、吹田市、福岡市などの一級地に住んでいる人は、さらに+2万円の収入があっても扶助を受けられます。

※法テラスとは、国が主導して運営している法律の案内所です。

自己破産後に生活保護を受給している人は、さらに手厚い援助を受けられる

生活保護受給者に対して、法テラスが弁護士費用と裁判所の予納金の両方を援助する制度があります。生活保護受給者が自己破産すらできなくなるのを防ぐためです。

詳しくは下記のページをご覧ください。

4.生活福祉資金貸付制度で債務整理費用の貸付を受ける

生活福祉資金貸付制度は、経済的に苦しいかたを支援するための公的な貸付制度です。収入が低い方は一時生活再建費として「債務整理をするために必要な経費」の貸付を受けられます。

貸付限度額は60万円以内で、保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年1.5%です。最寄りの市役所にある市区町村社会福祉協議会にて相談を受け付けています。

【一時生活再建費の貸付条件】
貸付限度額:60万円以内
据置期間:貸付けの日(生活支援費とあわせて貸し付けている場合は、生活支援費の最終貸付日)から6月以内
償還期限:据置期間経過後10年以内
貸付利子:保証人あり無利子、保証人なし年1.5%
保証人:原則必要。ただし、保証人なしでも貸付可。
生活福祉資金貸付条件等一覧(厚生労働省)より

債務整理の相談をした弁護士事務所でも案内を受けられます。

依頼後に弁護士費用を払えなくなった時は

弁護士さんに債務整理を依頼した後に着手金や報酬金の支払いが厳しくなったら、すぐに弁護士事務所に連絡して相談しましょう。

着手金の支払いを延滞したら辞任されてしまいますし、報奨金をいつまでも支払えなければ弁護士から訴えられてしまいます。辞任されるだけならともかく、弁護士から訴えられるのだけは絶対に避けなければいけません。

滞納する前に相談すれば大きな問題にはなりません。

一括払いを分割払いに変更したり、分割払いにしているなら月額の支払い額を下げるなど、支払える範囲での変更を検討してくれます。

※任意整理をお願いしている弁護士さんが辞任するケースについては『任意整理の弁護士費用は分割払い可』の記事をご覧ください。

手元にお金がなくても大丈夫!まずは無料相談を利用しましょう

「手元にお金がないから」と債務整理の相談を躊躇するのは無理もありません。

しかし、債務整理の手続きを進めながら払っていけるので大丈夫です。弁護士に依頼すれば借金の返済が一時的にストップするので、返済に回してたお金を貯めることができます。弁護士費用は分割払いが基本です。

借金による生活苦で債務整理を検討する時は、本当にギリギリになってからという人が多いです。弁護士費用を出せないからと悩むより、まずは無料相談を利用してください。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る