借金の返済で生活が回らなくなった人は、債務整理を行うことで借金を減額できる可能性があります。

債務整理をする際には、弁護士や司法書士に相談して解決を目指すのが一般的です。このページでは、債務整理で借金を解決するために必要な書類をまとめました。

必要な書類は大きく分けて『弁護士・司法書士との相談時に必要な書類』と『手続きに必要な書類』の2つがあります。

相談時に必要な書類

  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 振込証明書
  • 金融業者との契約書
  • クレジットカード・キャッシング・カードローンのカード
  • 収入がわかる書類(給与明細書・源泉徴収票・確定申告書など)
  • 家計に関する一覧表(法律事務所が用意してくれます)
  • 債権者一覧
  • 債権者からの督促状・内容証明郵便・訴状

お金を借りている業者に関するものはすべて資料になります。手元に残っているものだけでもよいので、すべて集めておきましょう。

『なぜあなたが債務整理をしようと思ったのか』を簡単にまとめておくと相談時に話が伝わりやすくなります。

債権者一覧表

債権者一覧表

債権者一覧表とは上の画像のようなシートです。

貸金業者からいくら借金をしているかという一覧表で、債務整理の相談時に最も重要となります。債権者の会社名や支店名、住所、発生原因、債権額を記載します。

弁護士事務所が用意してくれていますが、日本弁護士連合会も用意しているので下のリンクからダウンロードできます。

債権者一覧表をダウンロードするする(日本弁護士連合会)

現在借金がある債権者の名前が債権者一覧表に記載されていない場合、自己破産の免責がされても、記載されていない債権者の支払い義務は免除されません(支払い義務が残ります)。必ず、全ての債権者を把握しておきましょう。

手続きに必要な書類

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産がありますが、手続きに必要な書類は任意整理・個人再生・自己破産の全てで異なってきます。

まずは弁護士に相談です。そこで聞くのがよいでしょう。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る