債務整理をすると信用情報機関に情報が登録され、キャッシングやクレジットカードの新規発行が出来なくなります。

実際にブラックリストという名前のリストがあるわけではありません。

クレジットカードの延滞や債務整理などがあった場合に、その人の金融事故情報が登録され、その登録された状態が「ブラックリストに載る」などと言われます。

債務整理した際に登録される機関と期間

代表的な信用情報機関は下記の3つがあります。

自己破産・個人再生・任意整理のどの手続きをしたかによって、登録される期間は異なります。

自己破産 個人再生 任意整理
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 載らない 載らない
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
10年 10年 載らない

ブラックリストに載るとどうなる?

債務整理を行った人は全員がブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると下記のことが出来なくなります。

  • クレジットカードが作れなくなる
  • 住宅ローンや自動車ローンが組めなくなる
基本的には新規の借入ができなくなるだけです。JICCもCICもKSCも個人の金融機関情報が載るだけですから、就職が不利になることはありません。(ただし、銀行や貸金業者で働く人は別です)

ブラックリストに載っているかを調べる方法

自分の信用情報がどうなっているかの開示請求をできます。

ブラックリストに載った情報を消せる?

ブラックリストに載った情報を消すことはできません。

一度登録されたら、一定期間が経過するまでは消えることはありません。『手数料○○円で事故情報を消します』と声を掛けてくる業者はいますが、100%詐欺ですから間違っても応じてはいけません。

ブラックリストに載るデメリットはあります。しかし、最も良くないのは『ブラックリストに載るのが嫌だからと債務整理を行わずに多重債務に陥ること』です。

借金に悩んだ時は、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?債務整理に関しては相談だけなら無料の法律事務所も多くあります。

債務整理の匿名相談なら『街角法律相談所』

街角法律相談所は、債務件数(借入先の数)が2件以上ある人に、債務整理に強い弁護士や司法書士を無料で紹介するサービスです。 全国対応で匿名の無料診断が可能、サイト内での相談は完全に無料です。 借金の減額シミュレーターも無料で利用できます。

  • 匿名で診断可、住所も必要なし
  • サイト内での相談は完全無料
  • 借金の減額シミュレーターで、いくら減るのかが診断できます
  • いきなり法律事務所に電話するのが怖いかたはこちらからどうぞ
  • 債務件数(借入先の数)が1件のみの場合、街角法律相談所は対応していません

>>街角法律相談所 公式サイトへ

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっているのが特徴です。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日受付

>>東京ロータス事務所 公式サイトへ