このサイトは、消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンなどの借金返済に悩む方に『債務整理』に関する情報を提供しています。

債務整理とは、合法的に借金を減額する手続きです。どんなに大きな借金があっても、法律で整理できない借金はありません。

借金が膨れ上がって返済できなくなりそうな時には、弁護士や司法書士に相談して借金を減額できます。

>>弁護士・司法書士に借金減額の相談をする

債務整理には4つの種類があります

借金で行き詰った人への救済制度である債務整理は、以下の4つの方法があります。

任意整理 裁判所を通さずに、短期間で借金を減額する手続きです。
家族や会社に知られずに解決できる可能性が最も高い方法です。
個人再生 裁判所を通して、借金を5分の1から10分の1にする手続きです。住宅ローン付きの自宅を残せるメリットがあります。
自己破産 一定の財産以外を処分して、それでも返せない借金をゼロにする手続きです。債務整理の中で最もデメリットが多いですが、借金をゼロにできるのは自己破産だけです。
特定調停 債務者本人が裁判所を通して金融業者と和解する手続きです。申立て件数に比べて成立件数が極端に低いです。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

債務整理の方法として最も使われるのが任意整理で、年間300万件~500万件あると言われています。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに金融業者と弁護士が任意で話し合いをする方法です。

主に借金の金利を免除してもらい、もともと借りた元金を分割で支払うことで、完済を目指します。

「金利が減るだけでは効果が少ないのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、金利が免除されると借金総額がかなり低くなります。

任意整理は3年以内に借金を返済できるような和解内容になります。仮に10%以上の金利が0%になるとしたら、30%近い債務が減るのと同様の効果があります。

裁判所を通す必要がないため、家族や勤め先に最もバレにくい方法です。必ずバレないというわけではなく、奨学金を減額する際などの例外はあります。

債務者本人が金融業者と話をしても相手にされませんから、弁護士か司法書士が間に入って交渉をするのが一般的です。

任意整理の詳しい解説はこちら

個人再生(個人民事再生)とは

個人再生とは、持っている財産を手放すことなく、借金を5分の1から10分の1にする整理方法です。

「マイホームや土地、クルマを手放さずにすむ」というメリットがあり、残債務を3年~5年で返済します。

借金が5000万以内(住宅ローン等は除く)に限られているなど、一定の制限があります。弁護士に依頼して再生手続きをするのが一般的です。

裁判所の手続きはいりませんが、官報に名前が載る(家族や職場に知られやすい)というデメリットがあります。

個人再生の詳しい解説はこちら

特定調停とは

特定調停とは、裁判所を通して債務者本人が金融業者と借金の和解交渉を行う制度です。

任意整理と似ていますが、弁護士や司法書士に依頼せず【債務者本人が】手続きを行います。初心者が一人で手続きを行うのは決して簡単なものではありません。

専門家への報酬が発生しませんから安く済ませることが出来るというメリットはあります。しかし、元金の減額はできませんし、裁判所へ出頭しなければいけません。

債務者の要望に債権者が協力的ではないこともあり、申立て件数に比べ成立件数が極端に低いという特徴があります。(2004年から2010年までのデータでは3.1%しか成立していません)

特定調停が成立することは滅多にありませんから、弁護士費用を払って適切な債務整理を相談した方が良いです。

自己破産とは

債務整理の方法として最も有名なのが自己破産でしょう。

自己破産は、冷蔵庫や洋服などの生活必需品と99万円までの現金以外を処分して、それでも返せない借金をゼロにする手続きです。自己破産を申し立てて裁判所で免責許可決定されれば、借金の返済が免除されます。

債務整理の中で最もデメリットが多いですが、借金をゼロにできるのは自己破産だけです。

債権者・債務者双方にデメリットが大きいため、あくまでも最終手段と考えた方が良いでしょう。

自己破産は年々件数が少なくなっており、2015年・2016年は年間7万件程度となっています。

自己破産の詳しい解説はこちら

任意整理や個人再生できなければ債務者は自己破産するしかなくなってしまいます。自己破産されると債権者は大ダメージですから、それを防ぐためにも任意整理や個人再生に応じてくれる場合が多いです。

債務整理の基礎知識

債務整理に関する説明の中には、債権・債権者・債務・債務者という言葉が出てきます。誤解を恐れずに分かりやすく言いかえると、下記の通りになります。

  • 債権:貸したお金を返してもらう権利
  • 債権者:消費者金融や銀行など(お金を貸している人)
  • 債務:借金を返さなければいけない義務
  • 債務者:あなた(借金をしている人)

>>弁護士・司法書士に債務整理の相談をする