債務整理をすると、信用情報機関に情報が登録されてブラックリストに載るという状態になります。

ブラックリスト状態だとクレジットカードを作れなくなったり、ローンが組めなくなります。同じように、他人の借金の連帯保証人にあることもできなくなります。

債務整理をすると保証人にはなれない

基本的には、債務整理をした人は5年経たない限り他人の保証人・連帯保証人になることはできません。

夫名義で住宅ローンを組む場合に妻が連帯保証人になるのはよくありますよね。大学に進学する子供が奨学金を借りる場合、親が連帯保証人になるのが一般的です。

友人が事業を行うにあたって銀行から借り入れをするに、友人に頼まれて連帯保証人になることもあるでしょう。

そんな場合には、信用情報機関の個人信用情報を参照して審査をします。債務整理をすると金融事故情報が記録されている(いわゆるブラックリスト状態)ので、ローンの審査には通らないのです。

例:夫婦で住宅ローンを組むことになった。妻名義で住宅ローンを組み、夫が連帯保証人になろうとしたが、夫が債務整理をしていたので審査には通らなかった。

ブラックリストと言われますが、実際にブラックリストという名前のリストがあるわけではありません。信用情報機関に個人信用情報が記録されるということです。

賃貸物件の連帯保証人にはなれる

賃貸物件のオーナーや不動産管理会社が信用情報機関を参照することは滅多にありません。債務整理をしても、賃貸アパートやマンションを借りる人の連帯保証人になることはできます。

例:子供が進学や就職をして一人暮らしをすることになり、賃貸アパートに入居するために連帯保証人を求められた。債務整理している親は連帯保証人になることができる。

注意したいのが『信販系の家賃保証会社や、クレジットカードやで家賃を引き落とす場合には、信用情報機関を参照する審査がある』ということです。

この時に連帯保証人になる人がブラックリスト状態だと、審査に落ちてしまいます。

保証人になれない場合の対処法

全くの他人に保証人を頼まれた場合は「私は審査に通らないので」と断れば良いでしょう。

保証人になれなくて困る例でとても多いのが『子供が進学する時の奨学金』です。

子供が奨学金を借りる場合は、親が連帯保証人になることが多いです。親が債務整理をしていると奨学金の連帯保証人にはなれません。

片親がブラックリスト状態の場合は、もう一人の親が連帯保証人になるのが適切です。ただし、ひとり親だったり夫婦でブラックリスト状態の場合は、祖父母や親せきが連帯保証人になるのが一般的です。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る