債務整理をするとブラックリスト状態になりますから、新しくクレジットカードを作るのが難しくなります。

債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産がありますが、この中で裁判所を通さない任意整理だけはクレジットカードの扱いが異なります。

このページでは、任意整理する人のクレジットカードについて解説します。

任意整理中にクレジットカードを作るのはやめておくべき

任意整理の手続き中であれば、クレジットカードを作れる可能性が高いです。

クレジットカードを作成できるかどうかは、信用情報機関に任意整理を行った履歴がどのタイミングで登録されるのかによります。

任意整理手続きを開始した段階では登録されてない可能性がありますから、任意整理中でもクレジットカードを作成できる可能性はあります。

しかし、弁護士や司法書士に任意整理を依頼している人が、クレジットカードを作るのはやめておくべきです。任意整理を受諾した弁護士との契約違反になりますから、契約解除されてしまうことがあります。

任意整理後はクレジットカードを作れなくなる

任意整理後は、信用情報機関に任意整理を行った履歴が確実に登録されます。新たにクレジットカードを作ることは非常に難しくなります。

任意整理の場合は信用情報機関に個人情報が登録される期間は5年とされています。申し込む前に自分の信用情報を調べてみるのが良いでしょう。

ブラックリストに載っているかを調べる方法はこちらの記事をごらんください。
債務整理をしてブラックリストに載る期間はどれくらいでしょう?

金融事故歴があってもクレジットカードを作れた事例はありますから、試しに申し込んでみるのも一つの手です。

整理対象外のクレジットカードも使えなくなる可能性が高い

個人再生と自己破産は全ての債務が整理対象になるため、全てのクレジットカードが使えなくなります。

任意整理は「任意」で整理する債務を選べるため、必ずしも全てのクレジットカードが使えなくなるわけではありません。使いたいクレジットカードを任意整理の対象外にすれば、任意整理手続きを開始した直後であれば使えます。

ただし、任意整理したことは信用情報機関に記録されます。任意整理の対象外となったクレジットカード会社も信用情報期間をチェックできますから、任意整理をしてしばらくすると使えなくなる可能性が高いです。

特に、更新のタイミングでは信用情報を確認しますから、有効期限が過ぎれば間違いなく解約となります。

「任意整理ならクレジットカードを持てる」と言われますが、半分は嘘です。基本的には使えなくなると考えておいた方がよいでしょう。

家族カードはどう?

任意整理をしてブラックリスト状態になっても、家族カードまで使えなくなるわけではありません。

家族カードは本契約者の信用で発行されているクレジットカードですから、家族カードを持っている人が任意整理をしてもしばらくは使える可能性が高いです。

関連:任意整理すると家族カードも使えなくなるのでしょうか?

全てのクレジットカードが使えなくなる理由

任意整理をしてない会社のクレジットカードも使えなくなる理由は、「同じ個人信用情報機関を使っている」「CRINによる情報交流ネットワーク」の2つがあります。

【同じ個人信用情報機関を使っている例】
カード会社AがJICCとKSCCに加入、カード会社BがJICCのみに加盟している場合

カード会社Aを任意整理するとJICCに履歴が登録されますから、カード会社Bが気付いてカードを使えなくすることがあります。

CRINによる情報交流について

CRIN(Credit Information Network)とは、CIC、JICC、KSCCの三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。信用情報機関は、消費者への過剰貸付を防止するために情報を共有しているのです。

債務整理をしてどこか一つでも信用情報機関に1件でも登録されれば、貸金業者は情報を引き出すことが出来ます。


出展:CRIN|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

クレジットカードの代わりにデビットカードを使うことが多いです

債務整理をすると、少なくとも5年経つまでは新たにクレジットカードを使ることができなくなります。整理しないカードはしばらく使えますが、更新のタイミングで使えなくなってしまいます。

このため、債務整理後はクレジットカードで公共料金を支払えなくなってしまいます。今はデビットカードで代用することが多いです。商品などを購入した時に代金が銀行口座から即時に引き落とされるカードです。

デビットカードなら審査なしで作れますから、債務整理をしても公共料金の支払いが不便になりません。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る