任意整理をすると個人情報が信用情報機関に登録されるため、しばらくは住宅ローンや自動車ローンが組めなくなります。

ローンを組めるようになるのはいつ頃からでしょうか?

任意整理から5年はローンを組めない

任意整理の受任通知を送付すると、信用情報機関のJICCに個人情報が5年間は登録されます。

債務整理をすると信用情報機関に登録されますが、自己破産・個人再生・任意整理のどの手続きかによって登録される期間が異なります。

自己破産 個人再生 任意整理
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
5年 5年 5年
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 載らない 載らない
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
10年 10年 載らない

住宅ローンや自動車ローンが組めるようになるのは5年後から10年後が目安となります。

関連:債務整理をしてブラックリストに載る期間

CICは借金滞納した時点で登録されている

JICCに加盟している金融機関以外なら良いと思うかもしれませんが、CICにも問題があります。

たしかにCICには任意整理の情報は登録されません。しかし、3か月以上借金の返済が滞ると遅延情報として記録されます。

この遅延情報は遅延解消(借金を完済した時)から5年間は記録の残ります。

任意整理しなくても5年間はブラックリスト状態になりますから、やはりローンを組むのは難しいです。

ブラックリスト状態で家や車を買うには

いくら自動車ローンや住宅ローンを組みたくても、信用情報機関に登録されている間はどうしようもありません。

信用情報機関に登録されている期間中に家や車を買う方法は現金一括のみです。

任意整理の返済が終わっていないのであれば、まずは借金を完済しましょう。和解後の借金を完済した後は貯蓄に専念し、頭金を貯めてから改めてローンを申し込むしかありません。

手持ちの現金がないのに車が必要なったからといって、ヤミ金融やクレジットカード現金化業者を使うのだけは絶対にやめましょう。ヤミ金は違法ですし、クレジットカード現金化は違法でなくともクレジットカード会社の規約に違反します。

関連:任意整理後に住宅ローンを組む方法

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る