お金を借りた以上は返さなければいけません。

しかし、病気で働けなくなったり、就職先が倒産するなどのトラブルは避けられるものではありません。お金を返せない状態になった時は、債務整理を考えた方が良いでしょう。

無職や無収入の方でも、任意整理をおこなうことは出来るのでしょうか?

無収入で任意整理するのは難しい

結論から言うと、原則として無収入の人が任意整理を行うことはできません。

任意整理は借金を大幅に減額したりゼロにする手続きではなく、将来利息と遅延損害金をカットするのみだからです。

任意整理の和解後に3年で返済できるだけの収入がなければなりません。

無収入でも任意整理できる例外は?

無収入でも任意整理できる例外はあります。

  • 元金を家族や友人が立て替えてくれる
  • 過払い利息がある

弁護士の交渉次第ですが、このような場合は無収入でも任意整理できることがあります。

任意整理する方法は「収入を得ること」

手っ取り早く任意整理を行う方法は「定期的な収入を得ること」です。

和解後に3年~5年かけて返済できる能力があれば良いので、正社員ではなくアルバイトでも問題ありません。

個人再生も難しいが、自己破産は可能

任意整理と違って個人再生は借金を大幅に減額する手続きですが、やはり返済しなければならないため、返済能力がなければ認められません。

基本的に無職・無収入の人ができる債務整理は自己破産のみです。裁判所から免責が認められれば借金がゼロになります。

病気で働けない場合は自己破産して生活保護を受けながら生活を立てなおすことも可能です。

関連記事:生活保護を受けるために自己破産?費用のかからない効果的な方法について解説します

借金問題は一人で抱え込まずに弁護士に相談してください

無収入の人が任意整理を行うのは難しいです。

だからといって、間違っても闇金業者に手を出したり犯罪行為に手を出してはいけません。闇金に頼ったらあなたの人生はもちろん、周りの人達の人生まで狂ってしまいます。

弁護士に頼って債務整理をすれば人生をやり直せるのです。借金を誰にも話せなくて悩んでいるのでしたら、借金問題のスペシャリストである弁護士に相談してください。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る