借金には時効がありますから、5年から10年を過ぎれば借金を返す必要がなくなる可能性はあります。ということは、時効がくるまで逃げていれば借金を返さずにすむのでしょうか?

銀行や消費者金融からの借金をしている場合、時効が成立することはありません。その理由について説明します。

借金の消滅時効

借金の消滅時効は5年と10年がありますが、どこからお金を借りたかによって異なります。

消滅時効5年 銀行、クレジットカード会社、消費者金融、滞納している家賃
消滅時効10年 信用金庫、日本学生支援機構(奨学金)

時効が成立するためには時効援用

時効の期間が過ぎたからといって、自動的に借金が帳消しになるわけではありません。

借金を帳消しにするためには、時効の制度を利用する意思を債権者に伝えなければなりません。これを時効援用といいます。

実務上では、内容証明郵便で時効援用通知書を送付することになります。

消滅時効は中断される

時効の期間が過ぎて援用すれば借金は帳消しになります。

時効が成立するためには、時効までに債権者が何も行わない事(返済請求すら行わない事)が前提条件です。

銀行や消費者金融などの金融機関が返済請求を行わないことなんてありませんから、時効の期間が過ぎることはありません。

時効が振り出しに戻る条件は下記のようなことです。

  1. 債務の承認(債務者が借金の存在を認める、1円でも返済する)
  2. 債権者から返済請求が行われる(裁判を起こす、口頭や郵便で請求する)

1つめの債務の承認は、あなたがひたすら無視すればいいだけです。1円でも返済すれば、その時点で時効は5年後か10年後になってしまいます。

問題は2つめです。通常の金融機関なら返済請求は必ず行います。一般的な金融機関から借金をしている場合は、時効で借金が帳消しになることはありません。

請求から逃れるために夜逃げをしても無駄です。なぜなら、住所がわからなくても裁判を起こすことは可能だからです。

時効を待つよりも債務整理を行うべき

時効が成立することはありません。時効が成立する可能性があるのは、一般人(親せきや友人など)からお金を借りた場合のみです。

時効を待っている間に利息が増えていき、増えれば増えるほど債務整理の選択肢も減ってしまいます。

早く相談していれば任意整理で対応できたかもしれないのが、自己破産しかなくなってしまうかもしれません。

返済が苦しくなったら時効まで逃げ切ろうと思うのではなく、弁護士事務所に相談してください。当サイトで紹介している弁護士事務所は相談無料です。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る