カードローンやクレジットカード代金を滞納していると、債権者や裁判所から「一括請求通知」が届きます。

借金を滞納してもすぐに一括請求されるわけではなく、通知がくるのは2~3か月以上滞納した場合です。

一括請求通知が届いた時点で、残された時間は決して多くありません。すぐに対処しなければ貯金や給料が差し押さえられてしまいます。

結論からいうと、裁判所に異議申し立てをするか、弁護士に連絡して債務整理手続きを取ってもらう必要があります。

一括返済ができない場合はすぐに弁護士の無料相談しましょう。債権者から一括請求通知が届いた段階で弁護士に相談すれば、取り立てや督促はすぐに止まります。

借金がいくら減るかの匿名診断を試してみる

一括請求は「債権者から」と「裁判所から」の2種類がある

一括請求は大きく分けて次の2種類あります。

  1. 債権者(カード会社や債権回収会社)からの一括請求通知
  2. 裁判所からの一括請求通知

借金の滞納をすると、2日~1週間ほどで債権者(カード会社や債権回収会社)から電話や普通郵便による督促があります。さらに2~3か月滞納すると、今度は内容証明郵便で督促状が送られてきます。

それでも無視していると、最終的には裁判所からの通知が届きます。

借金の返済が滞ると、借金の分割払いが認められなくなって一括払いしなければいけなくなります。(これを、法律用語で「期限の利益喪失」と言います)

借金全額に加えて遅延損害金も一緒に請求されますから、支払い不可能な金額になっています。一括請求通知を受け取った債務者が一人で対応できるケースはほぼありません。

1.債権者から一括請求通知がきた場合

クレジットカード会社や債権回収会社からの通知には「○○年○○月○○日までに入金が確認できない場合、強制執行による差押えをします」などと書いてあると思います。

これは脅しではないので、無視していると本当に裁判に訴えられます。

この時点では一括払いを回避して分割払いにできる可能性があります。できるだけ早く業者に連絡して返済の意思があることを伝えるのが大切です。

しかし、何度も滞納している場合は分割払いに応じてくれないケースがあります。そんな時は任意整理を検討する段階です。

弁護士に相談して任意整理の手続きをすれば、業者からの督促行為がすぐに止まり、借金を減額した上で分割払いにできます。

裁判所を通さない「任意整理」で借金を減らせる

借金を滞納して一括請求通知を受け取っても、任意整理することは可能です。

任意整理は「業者との任意交渉で、将来の利息をカットし、毎月の返済を減らす」手続きです。借金総額を減らして、無理ない範囲で分割払いにできます。

弁護士に任意整理の依頼をすると返済義務が一時的にストップしますから、手元にお金がなくても生活再建のために貯金ができます。

一括請求書を受け取った人はブラックリストに登録されている

「ブラックリストに登録されるのが嫌だから債務整理は避けたい」という方がいますが、一括請求書を受け取った人はすでにブラックリストに載っています。

債権者から一括請求書が送られてきたのであれば、3カ月以上は滞納しているでしょう。その時点でCICなどの信用情報機関に延滞事故情報が記録されています。

銀行や消費者金融から新たに借入をしたり、クレジットカードを作ることができず、その場しのぎのキャッシングでやり過ごすことも出来なくなっています。ブラックリストに載った状態ではおまとめローンも使えませんから、債務整理を検討した方が良いでしょう。

2.裁判所から一括請求通知がきた場合

業者からの一括請求通知を無視していたり、借金の返済が半年以上滞っていると、今度は裁判所からのお手紙が届きます。

裁判所から来る一括請求は、業者からの一括請求に比べて非常に危険度が高いです。

裁判所から届く一括請求通知とは、支払督促申立書や訴状のことです。これを放置すると、裁判で相手方の主張が全部認められてしまいます。

支払督促申立書が届いた場合は、すぐに異議申し立てをしてください。支払督促申立書に書いてある内容通りに財産の差し押さえができますから、銀行の預貯金や給料を差し押さえられてしまします。

自分で異議申し立てするのが難しければ、すぐに弁護士事務所に債務整理の依頼をするべきです。

裁判所の通知を無視すると銀行口座や給料を差し押さえられる

裁判所からの通知も無視すると、強制執行によって銀行口座や会社からの給与を差し押さえられます。

あなたの給与を差し押さえるために会社へ連絡が入りますから、同僚には間違いなく借金がバレます。銀行口座を差し押さえられると、預金残高が0円になります。

強制執行されても、個人再生や自己破産といった債務整理が可能です。個人再生をすれば差し押さえ手続きを止められます。

まとめ

債権者から
一括請求通知がきた場合
・業者に連絡して返済する意思を伝える
・弁護士に債務整理の依頼をする
裁判所から
一括請求通知がきた場合
・裁判所に異議申し立てをする
・弁護士に債務整理の依頼をする

最も良くないのは、適切な手続きをせずに放置することです。

貸金業者からの一括請求通知を無視すると本当に裁判になってしまいます。裁判所からの一括請求通知を無視すれば給与や銀行口座を差し押さえられます。

借金を返済してないのが悪いとはいえ、大切なものを差し押さえられると後々の人生で非常に後味が悪いです。借金の返済ができない時は、弁護士事務所の無料相談を利用しましょう。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る