「債権回収会社に銀行ローンの返済を請求されている」
「クレジットカードの支払いが滞ったら債権回収会社から連絡がきた」

ある日突然こんな督促があると焦りますよね。債権回収会社(サービサー)は『銀行などの金融機関から委託を受けたり債権を譲り受けて、債権の回収業務を行っている会社』です。

支払いが滞った時には金融機関から連絡がくることも多いですが、最近は金融機関が外部の債権回収会社に委託して取り立てを行っています。

債権回収会社から督促がきた時は、差し押さえまでの残り時間がとても短くなっています。できるだけ早めに弁護士に相談してなんらかの対策を取ってください。

債務整理で借金を減額できるか、どの債務整理がよいかを無料診断する

債権回収会社から督促がくると法的手段は間近に迫っている

債権回収会社からの督促状には「民事訴訟を含めた法的措置」という文言があるかと思います。これは脅しではなく、本当に強制執行による差し押さえが迫っています。

債権回収会社の業務内容をざっくり説明すると「合法的に借金の取り立てをすること」です。

『債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)』に基づき、法務大臣の許可を得て運営されています。もともとは弁護士が行っていた債権回収業務を代わりに行っています。督促を無視しているとまず間違いなく法的措置がとられます。

債権回収会社による取り立ての流れ

債権回収会社による取り立ては下記のような流れになります。

  • 電話や一般郵便で請求・取り立てをする(法的な拘束力はなし)
  • 内容証明を送付する(法的な拘束力はなし)
  • 支払督促を送付する(裁判所からの督促通知)
  • 訴訟をおこされる
  • 強制執行が行われる(給与や財産の差し押さえ・自宅の明け渡しなどがあります)

債権回収会社が言う法的措置とは訴訟+強制執行のことです。

訴訟というと裁判所での争いを思い浮かべる方もいますが、相手には証拠が全部揃っているので負けが確実の裁判になります。

強制執行では銀行口座や給与、自宅、クルマなどを差し押さえられます。あなたの給与を差し押さえるために会社の経理に連絡がいきますので、会社の人には間違いなく借金がバレてしまいます。

強制執行による差し押さえを免れるためには、できるだけ早く(できれば提訴される前に)弁護士に相談してください。

裁判を避けるためには債務整理するか一括返済する必要がある

最終的には裁判に訴えられて給与や銀行口座を差し押さえられますが、これを避けるためには債務整理か一括返済する必要があります。

債務整理は合法的に借金を減額する手続きの事です。もっとも有名なのが自己破産ですが、任意整理個人再生という方法もあります。

「自己破産したら人生終わり」なんて思っている人もいますが、そんなことはありません。自己破産しても残せる財産(自由財産)はたくさんありますし、仕事だって続けられます。

まずは任意整理を、それでもダメなら個人再生を、それでもダメなら最後の手段として自己破産があります。どれも日常生活に大きな変化はありません。新しくクレジットカードを作れなくなったり、銀行ローンを組めなくなるだけです。

高額な支払いをできないからといって放置するのではなく、早い段階で債務整理の手続きを進めれば裁判にならずにすみます。

債権回収会社から督促が来た人は既にブラックリスト入りしている

借金の滞納が3ヶ月以上になると信用情報機関に登録され、いわゆる「ブラックリストに載った」という状態になります。

「債務整理してブラックリストに載るのが嫌だ・・・」と思っている方もいますが、債権回収会社から連絡がきた時点ですでにブラックリスト入りしています。

自分で債権回収会社に電話をする時は「時効の可能性があること」に注意する

借金があっても最後の返済から5年で時効になります。債権回収会社から督促がきた場合、すでに借金の一部が時効になっている可能性があります

ここで注意して欲しいのは、あなたが債権回収会社に電話をして「支払いを待ってください」と言っただけでも時効のカウントがリセットされることです。法律用語で「消滅時効の援用」といいますが、あなたが援用手続きをしなければ時効が成立しません。

借金の一部が時効になっているかどうかわからなければ、弁護士の無料相談を利用してください。せっかく時効の期間が経過していたのに、自分自身で返さなければいけなくするのは避けるべきです。

ブラック対応の貸金業者だけは絶対にダメ

ブラックリストに載った時点でほとんどの金融機関から新規の借入をすることはできません。貸金業者を頼るとしたらブラック対応の貸金業者(ヤミ金)だけです。

ブラック対応の貸金業者は間違いなく違法業者なので、絶対にやめてください。そもそも貸金業の登録すらしてないヤミ金の可能性が高いですし、ヤクザが関わっていることもあります。ヤクザからお金を借りたら本当に人生が終わってしまいます。

悩んだ時に頼るのは「ヤクザ」よりも「弁護士」であるべきです。

まとめ:債権回収会社から督促がきたら弁護士へ

債権回収会社からの連絡を無視していると、ほぼ確実に給与や財産の差し押さえがあります。職場や家族に迷惑をかけてしまいますし、取り立ての対応で疲れてしまうでしょう。

弁護士事務所に債務整理の依頼をすれば、その時点で借金の返済義務が一時的にストップし、取り立ては確実に止まります。

あなたがすべきことは何なのか、まずは債務整理専門の弁護士に相談してください。当サイトで紹介している弁護士事務所は相談無料、弁護士報酬の分割もOKです。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る