借金問題を抱えて弁護士に任意整理を依頼しても、弁護士側から受任を拒否されるケースがあります。

その理由は主に下記の4つです。

  • 借入先が1件では受任しない方針
  • 収入が少なすぎて任意整理できない場合
  • そもそも債務整理NGの事務所
  • 弁護士が信頼関係を結べないと判断した

弁護士から依頼を断られる理由と対処法について解説します。

借入先が1件では受任しない方針の事務所がある

弁護士は依頼に応じる義務がありません。

弁護士事務所の多くは、任意整理の相談を受けても借入先が1件のみの場合は依頼を断っています。借金の減額幅よりも弁護士費用のほうが高額になるケースがあるためです。

新大阪法務司法書士事務所アヴァンス法務事務所のように、一部の司法書士事務所は借入先が1件でも受任しているので、このような司法書士事務所に相談するとよいでしょう。

収入が少なすぎて任意整理できない

無職だと任意整理できません。整理後に延滞する可能性が高えませんし、弁護士費用だって払えないからです。

所得が低くても、一定条件を満たせば法テラスの民事法律扶助制度を利用することができます。

そもそも債務整理NGの弁護士さんがいる

債務整理の相談をするなら、債務整理を扱っている法律事務所に行かなければいけません。

弁護士にも得意な分野があり、全員が債務整理を受けるわけではありません。事務所によっては企業向けが専門だったり、個人向けにやっているけれど債務整理はNGにしていることもあります。

債務整理を扱っていても、闇金業者から借入をしている場合は断られることがあります。

依頼人と信頼関係を結べないと判断した(辞任する場合もある)

依頼後になんらかの理由で信頼関係を結べないと判断されることがあります。

  • 弁護士を騙そうとしている場合
  • 連絡がつかなくなる
  • 受任後に新しく借金した
  • 入金の約束を守らない
  • 弁護士自身が体調不良で業務を続けられなくなった

もっとも一度入金が遅れたくらいで辞任されるわけではありません。

弁護士側としても理由なく辞任するメリットがないからです。弁護士も商売で事務所を営んでいるので、成功報酬を貰うためにも契約を続けて当然だからです。

なんども約束を守らずに「この人の依頼を続けるのはストレスが大きすぎるな…」と判断されれば辞任されます。

辞任通知が届いたらどうすべき?

辞任通知を送った時点で弁護士さんは

「この依頼者さんを信頼することはできない。もう一度依頼されても断ろう。」

と固く決心しています。

弁護士法人アドバンスなど、他の弁護士から辞任された方の依頼を受け入れている弁護士事務所に相談してみることをおすすめします。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る