クレジットカードのリボ払いは、毎月一定額を返済していけばよいので便利なサービスです。しかし、月々の支払い額が減らないので、どれだけ借金を返済できてるかわかりにくいリスクがあります。

高額な利息ばかり支払っていて元金がほとんど減らないと、最終的には自己破産になってしまうケースもあります。

手遅れになる前に返済方法を考えましょう。月々の支払いが厳しくなってきたら、自己破産しかなくなる前に(任意整理で解決できる段階で)弁護士に相談するのが大切です。

ショッピングリボを任意整理するとどうなるか

カード会社は年率15%ほどの手数料を取っています。リボ払いは、完済するまで金利手数料が発生するので、支払いが長引けば長引くほど手数料を沢山払わなければいけません。

任意整理は、金利手数料をカットして支払い総額を大幅に減らす手続きです。弁護士がカード会社に交渉して「金利手数料は諦めるので、元本だけでも回収したい」という結果を持ってきてくれます。

残高は減りませんが、毎月支払っている利息が大幅に減ります。

仮に、ショッピングリボを利用して200万円の残高がある場合、繰り上げ返済しなければ支払い利息が60万円ほどになることがあります。任意整理すると利息分が大幅にカットされます。

【任意整理前】
残高:200万円
支払い利息:60万円
【任意整理前】
残高:200万円
支払い利息:0円

任意整理できるかどうかは、現時点での残高を3年で返済できるかどうかが目安です。

実際にあなたのリボ残高がいくら減るかは、「借金相談カフェ」で無料診断してみましょう。

借金がいくら減るか無料診断する

ショッピングリボの支払いで困った時の5つのポイント

  • リボ払いは毎月の支払い額が一定のシステム
  • 多くのカード会社は実質年率15%ほどの金利手数料を設定している
  • 毎月返済しているのに「支払っているのは金利手数料ばかりで元金が減らない状態」になるリスクがある
  • 任意整理すれば毎月の支払い額・総支払額を大幅に減らせる
  • リボの支払いが厳しくなっても、なるべく早めに弁護士に相談すれば自己破産しないですむ

※任意整理の詳しい解説は任意整理とは?のページをご覧ください。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る