債務整理をすると銀行口座が凍結される場合があります。

銀行カードローンでお金を借りている場合は、そのカードローンを債務整理すると預金口座が凍結されてしまいます。

銀行口座が凍結されると生活がままならなくなってしまいますよね。このページでは債務整理で銀行口座が凍結されることの対策について説明します。

銀行口座が凍結されるとどうなるか

凍結中でも入金はできますが、出金ができなくなります。ATMにキャッシュカードを入れても「利用できません」と表示されます。

出金ができないため、家賃や光熱費などの月々の引き落としができなくなります。

預金口座にお金が残っている場合は、ローン残高と相殺されます。凍結後に振り込まれた給与は相殺の対象外ですから、給与が減ることはありません。

弁護士が受任通知を銀行に送った時点で凍結されるので、受任通知を送る前までに預金を引き出し、給与受け取り口座を変更しておいた方がよいでしょう。(この点は、弁護士さんとの相談時に詳しく説明を受けられます)

口座凍結から凍結解除まで

弁護士が債務整理の依頼を受けると、債権者に対して受任通知(債務整理を行うという通知)を送ります。

この受任通知で債権者からの督促が停止します。

銀行カードローンには保証会社がついていますから、保証会社が代位弁済(あなたに代わって借金を返す行為)をすると凍結解除されます。口座凍結から解除までの期間は1~2ヶ月です。

銀行口座と関連のない任意整理なら凍結されない

任意整理で債務整理の対象から外せば口座凍結にはなりません。

三井住友銀行とプロミスは関連会社ですが、プロミスを債務整理しても三井住友銀行の預金口座は凍結されません。系列とはいえ別会社だからです。

プロミスと三井住友銀行カードローンのどちらかを任意整理するのは難しいです。

任意整理するとブラックリスト状態になりますから、どこの貸金業者からもお金を借りることはできなくなります。

債務整理に強い「サルート法律事務所」

サルート法律事務所

弁護士法人サルート法律事務所は、債務整理に強みをもっている法律事務所です。

キャリアのあるベテラン弁護士が、最善な解決方法を提案してくれます。

  • 相談は無料
  • 債務整理の初期費用は0円。弁護士費用の分割払いも可能です。
  • 24時間365日受付
  • 即日対応、借金の取り立てがすぐに止まります
  • 秘密厳守、家族に内緒にしたままの債務整理が可能です

>>弁護士法人サルート 公式サイトへ

匿名の債務整理なら『街角法律相談所』

街角法律相談所

街角法律相談所は、債務件数(借入先の数)が2件以上ある人に、債務整理に強い弁護士や司法書士を無料で紹介するサービスです。

全国対応で匿名の無料診断が可能、サイト内での相談は完全に無料です。

借金の減額シミュレーターも無料で利用できます。

  • 匿名で診断可、住所も必要なし
  • サイト内での相談は完全無料
  • 借金の減額シミュレーターで、いくら減るのかが診断できます
  • いきなり法律事務所に電話するのが怖いかたはこちらからどうぞ
  • 債務件数(借入先の数)が1件のみの場合、街角法律相談所は対応していません

>>街角法律相談所 公式サイトへ