CSSやJICCなどの信用情報機関に個人情報が登録されて、クレジットカードが使えなくなったりローンを組めなくなることを、「ブラックリストに載る」と言うことがあります。

債務整理のデメリットの一つが『ブラックリストに載ること』です。「ブラックリストに載るのが嫌だから・・・」と躊躇して債務整理に踏み切れない人も多いです。

しかし、借金の返済が滞って債務整理を検討している人は、債務整理する前からブラックリスト入りしているケースが大半を占めます。

完済後の過払い金請求だけはブラックリストに載らない

原則として、債務整理をするとブラックリストに載ります。

唯一の例外が、債務が全てなくなった後(借金を全て返済し終わっている状態)に行う過払い金の返還請求です。平成22年4月19日から、過払い請求をしてブラックリストに載るということはなくなりました。

過払い金(払いすぎた利息)が沢山あっても、残債の金額を上回っていなければ再契約後に残債務の支払いが続く場合はブラックリストになります。

未完済で過払い請求すると一時的にブラックになる

会社ごとに対応がことなりますが、債務が残っている状態(借金を返し終わってない状態)で過払い請求の依頼をすると、一時的にブラックリスト状態になります。

このタイミングでクレジットカードの更新がくると更新不可になることもあります。

過払い返還手続きが終われば「完済」情報となり、「債務整理」情報は抹消されます。

消費者金融から取引履歴を取り寄せてグレーゾーンの引き直し計算を行なったら『債務は減少したけれどまだ残っていた』というケースです。

過払い状態にはなっていませんから5年間はブラックリスト状態になります。

任意整理ならブラックにならないは嘘

任意整理をしてもブラックにならないという話しをする人もいますが、これは嘘です。CSSやJICCに情報登録されて5年間はブラックリスト状態となります。

関連:債務整理をしてブラックリストに載る期間はどれくらいでしょう?

まとめ

完済状態での過払い請求⇒ブラックになりません
未完済状態での過払い請求⇒一時的にブラックになりますが、すぐにブラックではなくなります
未完済状態での過払いがない場合⇒5年間ブラックになります

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る