このページでは、仮執行宣言付き支払督促が届いた時の対処法について説明します。

金融機関からの督促を無視していると、裁判所から支払督促が届きます。

関連:裁判所の『支払督促申立書』を無視すると差押えへ!強制執行までの流れと対処法

支払督促が届いてから2週間以内に異議申し立てをしないと、今度は『仮執行宣言付き支払督促』が届きます。

この仮執行宣言付き支払督促も無視すると、金融機関は債務名義を取得して強制執行による差し押さえが可能になります。

※債務名義とは、債権者に対して与えられる、執行機関の強制執行によって実現されるべき債権の存在および範囲を公的に証明する文書のことです。何のことやら分からないのでざっくり言うと、「A銀行はBさんに○○円貸していることを証明します。強制執行でBさんから○○円を取り立てていいですよ。」と裁判所が発行する文書です。

会社の給与や銀行預金のほか、自動車や不動産などの財産を差し押さえられます。

裁判に訴えられて財産を差し押さえられるまで流れは次のようになります。

  • 初回の支払督促
  • 仮執行宣言付き支払督促
  • 強制執行による差し押さえ

「支払督促を無視すると1カ月後に財産を差し押さえられる」と考えておけばよいでしょう。

初回の支払督促が届いた時に、2週間以内に異議申し立てをしていれば仮執行宣言付き支払督促は送られません。

仮執行宣言付き支払督促が届いたら必ず2週間以内に対応する

仮執行宣言付き支払督促が届いた時は、あなたが差し押さえられないために行動できる最後のチャンスです。できるだけ早く弁護士に相談しましょう。

仮執行宣言付き支払督促が届いても、2週間以内なら異議申し立てが可能です。異議申し立てをした後に強制執行停止の手続きを行い、差し押さえを防ぐことになります。

2週間で異議申し立ての方法を身につけて自分で裁判を行うのは非常に難しいです。強制執行を停止するために、裁判官に対して「支払督促を取り消すべき事情があること」をきちんと説明できる人なんていません。

自分には無理だと分かった時点で弁護士に相談しても、期限内に手続きを取れない可能性があります。少しでも早い段階で弁護士に相談したほうが有利なので、仮執行宣言付き支払督促が届いたらすぐに弁護士事務所の無料相談の申込をしましょう。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る