毎月借金を返済しているけれど、残高がなかなか減らなくて悩んでいる人は珍しくありません。

借金が減っていないと気づいたら、まずは『毎月の支払いのうち、いくらが利息でいくらが元金に充当されているか』を確認しましょう。

なかなか借金が減らないなら、その理由は金利や利息が原因のことが多いです。

毎月2万円返済しているのに、元金は1万円しか減っていないケースもあります。毎月の支払が利息にしか充てられていないなら、いつまで経っても完済できません。

こんな場合はどうすれば良いのでしょうか?なかなか減らない借金を減らす方法を紹介します。

借金を減らすための4つの方法

借金を減らすには、「借金そのものを減らす」「収入を増やす」「支出を減らす」「金利を節約する」の4つがあります。

具体的には「債務整理する」「節約する」「転職するか副業をする」「繰り上げ返済する」のどれかです。

1.債務整理する

債務整理とは、弁護士に依頼して借金そのものを減額する法的な手続きです。

任意整理・個人再生・自己破産などの種類があります。

任意整理 裁判所を通さずに、短期間で借金を減額する手続きです。
家族や会社に知られずに解決できる可能性が最も高い方法です。
個人再生 裁判所を通して、借金を5分の1から10分の1にする手続きです。住宅ローン付きの自宅を残せるメリットがあります。
自己破産 一定の財産以外を処分して、それでも返せない借金をゼロにする手続きです。債務整理の中で最もデメリットが多いですが、借金をゼロにできるのは自己破産だけです。

もっとも利用されている任意整理です。借金の返済で大きな負担となるのが利息ですが、任意整理の手続きをすれば将来利息をカットできるため、支払い総額を大きく減らすことができます。

裁判所を通すこともないため、家族や会社にバレることもありません。

どの手続きがあっているのかは専門家の無料相談を活用するのがよいです。街角法律相談所なら、匿名で弁護士や司法書士に「いまある借金がいくら減るのか」を無料で診断してもらえます。

2.節約する

もっとも簡単で最初にできるのが節約です。借金の支払いが厳しくなっている、贅沢はしていないでしょう。

毎月の給料から生活に必要なお金のみを残し、残りは全て借金の返済に充てます。後述しますが、『繰り上げ返済』をして金利を減らせば、それだけ支払い総額は少なくなります。

3.転職するか副業をする

収入を増やすなら在宅ワークやアルバイトなどの副業をするのが確実な方法です。

今の職場で給料が増えないなら、転職を検討するのも一つの手です。上司や先輩の給料を見て厳しいのであれば、転職サイトや転職エージェントに登録してみましょう。

今現在、『借金の支払いが厳しくて転職活動すら厳しい』という人なら、債務整理を検討するのが得策です。

4.リボ払いの仕組みを理解して『繰り上げ返済』する

いつまで経っても借金が減らない最大の理由が「リボ払い」です。クレジットカードのリボ払いを選んだ人もいれば、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りたならリボ払いになっているはずです。

リボ払いにはいくつかの種類がありますが、アコムが採用している「元利定率リボルビング方式」と、アコムを除くほとんどの消費者金融が採用している「残高スライド元利定額リボルビング方式」が有名です。

どちらも返済額に利息分が含まれており、返済額が1万円なら、1万円から利息を引いた分が元金に充てられます。

元利定率リボルビング方式

アコムが採用している元利定率リボルビング方式は『残高に一定の割合をかけた金額が最小返済額になる』仕組みです。

例:アコムで50万円を借りた場合、3%の割合をかけた1万5千円が最小返済額になります。

毎月の最小返済額が少なくなれば財布の負担も軽くなりますが、なかなか借金残高が減りません。

残高スライド元利定額リボルビング方式

アコム以外の大手消費者金融が採用している残高スライド元利定額リボルビング方式は『残高に応じて最小返済額がスライドしていく』仕組みです。

残高が減っていくにつれて毎月の返済額が減るため、『取引が長期間になりやすい』という特徴があります。

場合によっては返済額の半分以上が利息になることもあり、利用者からすれば「毎月の明細をみていても借金が減っていない」となりやすいです。

最小返済額以上ならいくら返済しても良いから「繰り上げ返済」で金利を節約する

リボ払いで最小返済額しか返済に充ててないと、なかなか借金残高が減りません。

最小返済額は「最低でもこの金額は返済しなければいけない金額」のことです。最小返済額以上ならいくら返済しても良いのですから、余裕があるならどんどん繰り上げ返済をして金利を節約しましょう。

元金が減らなくて疲れた時には専門家に相談してください

利息の高さで元金が減らなくて疲れてしまったなら、弁護士に相談して債務整理することも視野にいれましょう。

なにも自己破産しなければいけないわけではありません。

任意整理で利息をカットできれば、返済額を全て元金に充てることができます。借金を完済するまでの道のりがとても近くなります。

まとめ

なかなか借金が減らない時の選択肢は下記の4つがあります。

  • 債務整理する
  • 節約する
  • 転職・副業をする
  • 繰り上げ返済する

節約をしたり、財産に余裕があって繰り上げ返済できるならそれが良いです。

しかし、借金の返済で生活苦に陥っているなら債務整理を検討するべきでしょう。弁護士に相談すれば借金の督促がすぐに止まりますし、無理のない返済額にして借金を返していくことができます。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る