原則として、借金が減らない債務整理はありません。

自己破産は債務全てが免除になりますし、個人再生はマイホームを残しながら1/10から1/5程度まで減らすことができます。

任意整理は元金が減額されることは滅多にありませんが、将来利息と遅延損害金をカットすることで、支払い総額を大幅に減らすことができます。

期待していたよりも減らないことはある

ただし、債務整理を行おうと弁護士に相談しても、自分が予想していたより借金が減らないケースがあります。

債務整理してもあまり良い効果が得られないケースについて解説します。

1.過払い金の返還手続きができない

コマーシャルでよく見かける「過払い金の返還手続きをすれば大幅に借金が減ります」というのを見て、弁護士事務所に相談した人にありがちなのがこのケースです。

そもそも過払い利息がないため、借金が減らせない」ということです。

過払い利息が発生しているのは、グレーゾーン金利で借り入れしていた人だけです。下記の3つに該当する場合は過払い金が返還されないため、借金の大幅な減額は期待できません。

・2008年以降に借り入れをしている
・低金利で借り入れをしている
・時効が過ぎていて過払い利息の返還請求ができなくなっている

2.債権者側が債務整理に応じない

「お金を貸した人が必ず債務整理に応じなければいけない」なんて決まりはありません。交渉によっては、業者側が将来利息や遅延損害金をカットする交渉に応じなかったり、反対することがあります。

交渉がうまくいかなければ借金が減りません。

このトラブルは、債務整理案件の実績を多く持っている弁護士事務所を選ぶことで回避できます。

3.借金そのものは減っても弁護士費用が高い

債務整理が上手くいっても、弁護士費用が高くて支払い総額があまり変わらないケースがあります。

・債務整理をしていない場合に支払う総額
・債務整理をした場合に支払う総額

この2つを比較しておきましょう。

債務整理の弁護士費用が高くて困っている場合は、債務整理の弁護士費用を払えない人が取るべき方法をご覧ください。

まとめ

債務整理で借金を減らすためには、債務整理の実績を沢山持っている弁護士事務所に相談するべきです。

あなたの相談に真摯に向かい合ってくれるのはもちろん、弁護士と貸金業者との交渉によって和解後の金額が決まるからです。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る