債務整理をして借金を減額しても、支払いが滞ってしまうことはあります。

経済的に苦しくて支払えなくなってしまった以上、再び債務整理をして支払える額で和解するのが望ましいです。

しかし、一度債務整理しておきながらもう一度同じ債務整理をできるとは限りません。

このページでは、和解後の支払いが滞ってしまった人向けの債務整理について解説します。

1度目と2度目の相手が違えば問題なくできる

1度目の債務整理と2度目の債務整理の相手方が違う場合は、特に問題なく債務整理できます。

1度目は業者Aと業者Bからお金を借りており、2度目は業者Cと業者Dからお金を借りていた場合です。

1度目と2度目の相手が同じ場合は難しい

1度目と2度目の相手方が異なる場合は、相手の対応が厳しくなります。1度借金を減額したのに、さらに減額を求められるのは相手にとって受け入れ難いです。

任意整理したくても任意の話し合いができる状況ではなくなってしまうことも多く、自己破産か個人再生を目指すことが多いです。

任意整理か個人再生か自己破産かで異なる

最初にした債務整理が「任意整理」か「個人再生」か「自己破産」かで対応が異なります。

任意整理した後の債務整理

任意整理した和解額が支払えず、再度債務整理するケースは多いです。業者側にも受け入れられる可能性が高いです。

しかし、任意整理は借金が大きく減ることはないため、再び任意整理をしても返済が難しいと考えられます。任意整理後の債務整理は個人再生か自己破産となるのが一般的です。

個人再生後の債務整理

個人再生をしたことがある人が再び個人再生をするには、前回の個人再生から7年間経過していなければなりません。

7年経過していても、同じ債権者を相手に再び個人再生するのは現実的ではありません。

2度目の債務整理は最初から自己破産ありきで動いていくことになります。

自己破産した後に債務整理するには?

金融業者ならどこも社内ブラックリストを持っています。自己破産した人にもう1度お金を貸す業者はありませんから、同じ債権者を相手に再び債務整理することもないでしょう。

自己破産をしたことがある人が再び自己破産をするには、前回の自己破産から7年間経過していなければなりません。

「再和解」は弁護士に依頼しましょう

一度和解が成立した後に再び和解することを「再和解」といいます。

債務整理に限ったことではなく、再和解を目指すの非常に難しい交渉になります。

和解した約束を破棄したのですから、あなたと業者の信頼関係は一切なくなっています。個人が業者と話し合ったところで無駄ですし、そもそもまともに応じてくれません。

弁護士の交渉力によっても再和解できるかどうかが大きく左右されますので、債務整理専門の弁護士に依頼してください。

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る