公務員試験への影響が心配で債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)を躊躇する人がいます。

結論からいうと、債務整理したことがが公務員試験に影響することはありませんし、公務員になれないことはありません。

そもそも役所は債務整理した事実さえ分からないからです。

債務整理すると金融事故情報が信用情報機関に登録され、いわゆる『ブラックリストに載った』という状態になります。しかし、信用情報機関の情報を見られるのは、そこに加盟している金融機関だけです。

役所は銀行でもサラ金でもクレジットカード会社でもありませんから、信用情報機関を閲覧することができないのです。

もっとも現在公務員として働いていて、共済組合から借り入れがある場合は、職場にバレる可能性があります。詳しくは下記の記事を参考になさってください。

公務員の欠格事由に債務整理はありません

国家公務員は国家公務員法第38条により、地方公務員は地方公務員法第16条(欠格事項)によって規定されています。

【公務員の欠格事由】

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられて、執行中か執行猶予中
  3. 懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年経っていない
  4. 人事院の人事官か事務総長が、国家公務員法を犯し刑に処せられた(国家公務員)
  5. 人事委員会か公平委員会の委員が、地方公務員法を犯し刑に処せられた(地方公務員)
  6. 反社会的な団体を結成したり加入している

債務整理は公務員の欠格事由にはあたりません。債務整理した人でも公務員試験は平等に受けられますし、採用試験においても平等に扱われます。

身辺調査されても問題ありません

採用時には身辺調査が必ずあります。公務員の欠格事由には『禁固以上の刑』や『反社会的な勢力』があります。『前科があると公務員になれない』と言われるのはこのためです。

債務整理は法律に違反しているわけではなく、法律によって定められた手続きです。「債務整理しているから不採用にしよう」となれば、その採用担当者の行為自体が違法になってしまいます。

民間企業への就職を検討している場合は?

民間企業も採用活動に当たって信用情報機関を参照することはできません。

しかし、銀行やクレジットカード会社、消費者金融、信販系の保証会社などは例外です。官報をチェックしているので個人再生・自己破産した人をデータを残している可能性があります。

また、信用情報機関に加盟している金融機関なら、採用活動にあたって信用情報機関を参照する可能性があります。(ただし、採用活動のために信用情報機関を参照することは禁止されています)

借金でお困りの方へ

債務整理の匿名相談なら『街角相談所-法律-』

借金解決診断シミュレーター

街角相談所-法律-は債務整理で借金がいくら減るのかを無料診断してくれるサービスです。

  • 匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れる
  • 住所の入力は必要なし、必要なのは都道府県・メールアドレス・電話番号のみ
  • 回答するのは「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」の3つだけ
  • 債務整理に強みのある法律事務所を紹介してくれる

街角相談所-法律-公式サイト

街角相談所-法律-の詳細を見る

『あなたの法律相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

あなたの法律相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

こんな状況の人におすすめです。匿名診断が可能で、住所の入力も必要ありません。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

あなたの法律相談カフェ公式サイト

あなたの法律相談カフェの詳細を見る

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る