個人再生は、裁判所が借金を減額させる制度であって、借金全てが免除されるわけではありません。

無職や無収入、生活保護受給者は個人再生を行うことができません。

個人再生が認められる要件には「債務者に将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み(収入の安定性)があること」が定められています。

支払い能力が低い無職や生活保護受給者は、自己破産を行うのが一般的です。

定期収入と認められるような収入がなければなりませんが、正社員でなければならないわけではありません。完全な無職ではなく、アルバイトやパートをしているなら個人再生手続きを行える可能性はあります。

定期収入ありきで作った実現可能な再生計画案が裁判所に認可されれば、個人再生手続きが終了します。

無職の方は自己破産を検討する

無職の方だと、たとえ弁護士に相談しても自己破産を薦められます。

自己破産は借金が全て免除されて返済義務がなくなる制度です。財産や収入が少なくても問題ありません。

専業主婦も例外ではない

専業主婦でも任意整理なら和解契約に至れる可能性があります。配偶者の収入がそれなりにあれば、債権者も交渉次第で和解してくれるためです。

関連:無職・無収入の人は任意整理できる?

裁判所を通す個人再生は、再生計画案を作成するために本人の収入を厳格に求められます。専業主婦のままでは通りませんから、アルバイトをはじめて自分で収入を得なければなりません。

過払い金充当による任意整理なら可能性がある

グレーゾーン金利で借金をしていた方なら、過払い金の返金があります。そんな場合、利息の再計算をすることで借金が大幅に減る可能性があります。

自己破産を検討するとしても弁護士事務所の方からお話しがあるとは思いますが、貸金業者と長期間の付き合いがある方は一度検討してみてください。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る