借金返済で資金がショートした個人事業主(フリーランス)の、代表的な解決策は次の3つです

  • さらに借り入れして一時しのぎする
  • 自己破産して廃業する
  • 任意整理で事業を継続する

破産すれば借金は全てゼロになりますが、事業用の財産を処分しなければならず、廃業するのが一般的です。親族が連帯保証人になっている場合も多く、自己破産すると迷惑がかかるので、あまり積極的に破産できないでしょう。

しかし任意整理なら、借金返済の負担を減らすことで毎月の収支を黒字にできる可能性があります。「事業を継続したい」「毎月の借金支払いさえなければ事業を続けられる」という方には任意整理をおすすめします。

関連:任意整理に強いおすすめ弁護士

個人事業主が任意整理するメリット

1.個人事業主の債務はリース料が大きい

支払い途中のリース料金は債務整理の対象となります。

大型の複合機や電話などをリース業者から借りている場合

最近多いファイナンスリースは途中解約ができないため、大きな負担となっています。

リースの債務を減額する方法

リース期間前に返却すればリース債務の減額を要求できます。

その原因が利用者の債務不履行にあるときでも、リース業者は、特段の事情のない限り、右返還によつて取得した利益を清算する必要がある。

引用:事件番号 昭和55(オ)1061(裁判所)

リース会社にリース債務の減額を要求すると「すでに価値はないので減額要求には応じません」と主張されます。弁護士に交渉してもらいましょう。

2.買掛金を減額できる

商品の仕入を掛け行っている場合、買掛金も任意整理の対象にできます。

全ての取引先を整理対象にするわけではなく、取引先ごとに任意整理の対象にできます。

大切な取引先がなくなったら事業が継続できない場合などは、「絶対に残さなければいけない取引先」「捨ててもやっていける取引先」に分ける必要があります。

3.売掛金を差し押さえられないために

資金ショートに陥りそうな時は、売掛金の入金でぎりぎりの資金繰りをしているケースがあります。

もしも売掛金を差し押さえられたら更なる資金ショートで破産&廃業するしかありません。継続取引のために売掛金を担保している場合は、弁護士に相談しましょう。

4.自動車ローンがある営業用の自動車は残せる

自動車は事業継続するために絶対に必要なケースが多いため、自動車だけは残したい人が多いです。

自動車ローンを任意整理の対象としなければ、引き続き利用できます。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る