『債務整理したいけど、住宅ローンを支払っている最中の家は残したい』という相談は本当によくあります。

住宅ローンと自宅の扱いは債務整理する人によって異なります。

任意整理した場合

任整整理では整理する債務の対象から住宅ローンを外すことができます。住宅ローンを払えるなら、住宅ローンと自宅には何の影響もありません。

任意整理後の新たな借金返済と住宅ローンの返済が重なり、毎月の返済は厳しいままになることがあります。そんな場合は、住宅ローンの債権者である銀行などと返済期間の延長について相談しなければいけません。

銀行と合意が得られなければ、個人再生か自己破産することになります。

個人再生した場合

個人再生では、「住宅ローン特約」を利用して住宅を残しつつ住宅ローン以外の借金を整理できます。住宅ローンの返済が滞納していても、債権者(銀行など)から同意を得る必要もありません。

債権者の同意なしで借金の返済額を5分の1にすることができます。

これでも返済が厳しければ自己破産するしかありません。

自己破産した場合

自己破産は全ての借金を整理対象にしますから、自宅も手放さなければなりません。

自己破産すると住宅も競売にかけられて売却額が債権者に分配されます。ここで知っておきたいのが任意売却です。

競売でつく値段は市場価格よりも3割以上安くなってしまいますが、任意売却なら市場価格に近い値段で売却できる可能性が高いです。自己破産することになったら住宅を手放すしかありませんから、早めに任意売却を検討しましょう。

任意売却をして今住んでいる自宅に住み続ける方法もある

自己破産したら今の自宅を手放すことになりますが、任意売却をして親せきや知人に自宅を買ってもらうことなら可能です。自宅の所有権はなくなりますが、買い手に家賃を払って今の住居に住みつづけることができます。

ただし、他人に貸すための住宅を購入する場合は住宅ローンを組めません。買い手は事業ローンを使うか、一括で購入資金を賄えるだけの資産が求められます。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る