借金を減額できる債務整理には任意整理・個人再生・自己破産があります。

任意整理と個人再生は、減額した借金を3年間で36回か12回に分けて支払うのが基本です。(1か月に1回or3か月に1回を3年間)

自己破産は分割返済はありません。

任意整理の分割回数

任意整理の分割回数は3年が基本ですが、長い場合は5年になることもあります。(最長で10年ですが、10年になることはあまりまりません。)

借金の返済期間は長ければ長いほど現実的ではなくなります。10年の返済計画を示しても、貸金業者が和解してくれません。

5年で返済しきれない借金なら、個人再生や自己破産をした方が現実的ということです。

返済計画は、あなたの収入と借金の残高を考慮した上で、あなたと弁護士が相談して決めます。その後に弁護士が貸金業者と交渉することで、最終的な分割回数が決まります。

個人再生の分割回数

民事再生法229条では、個人再生手続きは再生計画の認可日から3年間で返済をおこなうと決められています。

原則としては3年ですが、特別の事情がある場合には最長5年で認められます。逆に短い再生計画(2年の再生計画など)は認められません。

【民事再生法229条】
(再生計画による権利の変更の内容等)
2  再生債権者の権利を変更する条項における債務の期限の猶予については、前項の規定により別段の定めをする場合を除き、次に定めるところによらなければならない。
一  弁済期が三月に一回以上到来する分割払の方法によること。
二  最終の弁済期を再生計画認可の決定の確定の日から三年後の日が属する月中の日(特別の事情がある場合には、再生計画認可の決定の確定の日から五年を超えない範囲内で、三年後の日が属する月の翌月の初日以降の日)とすること。

弁済頻度は3か月に1回とすることが多いです。弁護士事務所を経由して支払う契約の場合は、毎月決まった日に1度返済することもあります。

やむを得ない理由がある場合に限り、さらに追加で最長2年(合計7年)で計画を延長できることもあります。

自己破産は借金が免除される

自己破産は借金が免除される手続きですから、そもそも返済する必要がありません。ただし、税金・健康保険・年金の支払いは続きます。

所得税や住民税を滞納すると延滞税が発生してしまいます。税金は債務整理をしても消えることはありませんから、最優先で支払わなければならないのです。

税金の支払いが難しい場合は、市役所の窓口で相談してください。払う気があることを伝えれば、分割払いを認めてくれることが多いです。

年金にも保険料免除や納付猶予のシステムがあります。
参考:保険料を納めることが、経済的に難しいとき(日本年金機構)

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る