2018年1月現在で、20代の人が過払い金が発生していることはまずありません。

なぜなら、グレーゾーン金利が存在していたのは2010年6月までだからです。多くの貸金業者は2008年(平成20年)にはグレーゾーン金利での貸し出しをやめています。

過払い金が発生しているのは、現在30代後半以上の人がほとんどです。貸金業の改正前から消費者金融からキャッシングをしていて、もしも「自分にも過払い金があるかも」と思ったら、法律相談所の無料相談をおすすめします。

無料相談をしている法律事務所はこちら

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、貸金業法・出資法の改正前に存在した利息制限法が定めた上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のことです。

具体的には下記の金利です。

  • 元本が10万円未満の場合:年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
  • 元本が100万円以上の場合:年15%

消費者金融の多くがこの金利でお金を貸していて社会問題となりました。2006年9月15日に貸金業規制法の改正案が発表され、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法によって、グレーゾーン金利はなくなっています。

過払い金が発生する理由

貸金業法の改正以前はグレーゾーン金利での罰則がなく、利息制限を超えて出資法の上限金利であった29.2%で貸し出していました。

改正後は『利息制限法を超える利率で定めた利息は無効』となっています。

本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に支払い過ぎたお金なので、15%~20%以上という超過部分は貸金業者から返還してもらえることになります。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る