銀行ローンやクレジットカードの支払いが厳しくなると「借金の督促を受けたくないから夜逃げしよう」と考えるかたがいます。

しかし、借金の返済で生活苦になっているかたには、「破産法」や「民事再生法」という法的な救済制度が用意されています。あえて夜逃げするメリットはありません。

この法的な救済制度を「債務整理」と呼びますが、債務整理は合法的な手続きなので、金融機関がいくら「お金を返してください」といっても、返済義務そのものがなくなります。

夜逃げよりも債務整理したほうがよい理由について詳しく解説します。

夜逃げするデメリットは?

夜逃げして借金の返済から逃げるリスクを考えてみましょう。

  • 夜逃げ先で住民登録しにくい
  • 時効にはならない
  • 利息・遅延損害金で借金が増えてしまう

自己破産のデメリットは?

債務整理の一つ「自己破産」のデメリットは次の通りです。

  • 10年間は借金ができなくなる
  • 官報に住所・氏名が載る
  • 警備員など一部の職業に就けなくなる

借金を滞納している時点でブラックリストに登録されているので、今後しばらく借金できなくなることはデメリットではないでしょう。

自己破産以外の借金減額方法

自己破産以外には「任意整理」や「個人再生」という借金を減らす手続きがあります。

自己破産のように借金がゼロになるわけではありませんが、減らした借金を無理なく返済していくことができます。

任意整理 裁判所を通さずに、短期間で借金を減額する手続きです。
家族や会社に知られずに解決できる可能性が最も高い方法です。
個人再生 裁判所を通して、借金を5分の1から10分の1にする手続きです。住宅ローン付きの自宅を残せるメリットがあります。
自己破産 一定の財産以外を処分して、それでも返せない借金をゼロにする手続きです。債務整理の中で最もデメリットが多いですが、借金をゼロにできるのは自己破産だけです。

弁護士事務所に借金問題の相談をした人の9割は「任意整理」で生活を再建しています。借金の支払いで困った時には、弁護士事務所に相談してみてください。

今ある借金がいくら減るか匿名で診断できる借金相談カフェ街角相談所-法律-というサービスもあります。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る