アイフルのカードローンを利用していて支払いが滞ると、「裁判所を通じて法的手続きを検討させていただきます」などと書かれた書面が届くことがあります。

焦ってしまうかもしれませんが、まずは「やること」と「やってはいけないこと」を確認しましょう。

やること

  • 過払い金を請求して借金が減額できないかどうか確認する
  • 時効期間が過ぎていないか確認する
  • 時効中断事由がないか確認する
  • 弁護士事務所の無料相談の予約を取る
やってはいけないこと

  • アイフルに電話する(債務の承認をしてしまうのは絶対にNG)
  • 届いた書類を放置したり捨ててしまう

何もせずに放置しておくと、アイフルから訴えられて給与や銀行預金などを差し押さえられてしまいます。裁判に訴えられる前に弁護士や司法書士に依頼して、債務整理や時効援用手続きを始めましょう。

アイフル以外の借金も株式会社アイフルが督促する

クレジットカードの「ライフカード」や事業者向けローンの「ビジネクスト」も株式会社アイフルから督促される場合があります。

ライフカードはアイフルの完全子会社なので、ライフカードの滞納もアイフルやアイフル系列の債権回収会社が取り立てを行います。

なお、アイフルからの督促は「AIセンター(アイフルインフォメーションセンター)」からくることがあります。利用者のプライバシー保護のためアイフルとなのらず、AIセンターから封書が届きます。

【注意】通告書が届いた時は時効成立している可能性がある

借金返済の通告書が届いたからといって、必ずしも借金返済義務があるわけではありません。

アイフルから届いた書面をよく読んで「約定弁済期日」を確認しましょう。5年以上経過していれば消滅時効を援用できるので、返済義務がなくなっている可能性があります。

債務承認すると時効の援用ができなくなってしまう

もっとも気を付けなければならないのが「債務を承認してしまって時効の援用ができなくなってしまうこと」です。

アイフルのコールセンターに電話して「○○日までに返済します」「返済する意思はあるので待ってください」と言ってしまうと、時効が中断してしまいます。コールセンターの通話は録音されているので、後になって「そんなことは言ってない」といっても無駄です。

不用意にアイフルに電話してはいけません。

アイフルから通告書がきたら弁護士事務所の無料相談へ

ほとんどの弁護士事務所は借金問題の相談を無料で行っています。まずは弁護士事務所の無料相談を利用しましょう。本当にアイフルからの書類なのかどうか確認する必要はありますが、それも弁護士事務所で確認してくれるので安心です。

借金でお困りの方へ

『借金相談カフェ』で借金がどれくらい減るか調べる

借金相談カフェは「今ある借金がいくら減るのか?」を弁護士や司法書士が無料で診断してくれるサービスです。次のような状況の人におすすめです。

  • 毎月の返済が厳しくなっている
  • 返しても返してもなかなか借金が減らない
  • 返済が2カ月以上滞ってしまった

「借入先数」「総借入額」「住宅ローンの有無」に回答すると、匿名で弁護士・司法書士から減額方法の診断結果を受け取れます。無料で相談できるだけでなく、あなたに合った法律事務所とのマッチングまでしてくれます。

借金相談カフェ公式サイト

借金相談カフェの詳細を見る

チャットで相談できる弁護士法人アドバンス(弁護士ナビ)

弁護士ナビで相談してみる

  • LINE風のチャット形式で相談できる(匿名OK)
  • 依頼者が納得するまで丁寧で分かりやすく説明する
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初回相談料は無料、弁護士費用の分割払いにも対応
  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップ

弁護士法人アドバンスに相談する

弁護士法人アドバンスの詳細

任意整理費用が安い「東京ロータス事務所」

ロータス

東京ロータス事務所は東京に事務所を構えている全国対応の弁護士法人です。

多重債務や過払い金問題に関しては長年の経験があり、特に任意整理の料金は格安でやっています。

  • 依頼後すぐに借金の取り立てがストップします
  • 相談内容が家族にバレないようなノウハウが多数あり
  • 任意整理の着手金・報酬金は弁護士事務所の中で格安
  • 初期費用や相談料は無料、弁護士費用の後払いや分割払いにも対応しています
  • 24時間365日相談受付

東京ロータス事務所に相談する

東京ロータス事務所の詳細を見る